介護コンサルティングネット:有限会社業務改善創研|介護コンサルタント福岡浩

介護コンサルティングネットへのお問い合わせ

利用者本位のサービスを実現するために、介護事業運営の仕組みを改善します。

ホームコラム傍聴報告07

有限会社業務改善創研のレポート

傍聴報告:
「平成21年度 横浜市介護認定審査会」傍聴報告

平成21年4月12日

報告者:福岡 浩
(有限会社 業務改善創研)

●開催日時:平成21年4月9日(木) 18時00分~19時30分
●場所:ロイヤルホールヨコハマ3階セレナーデ
●次第:

1.健康福祉局長あいさつ 立花健康福祉局長

2.委員紹介

3.議事
 (1)会長選出
 (2)副会長(職務代理者)の指名
 (3)各委員の合議体所属指名

4.その他

(1)横浜市の介護保険の実施状況
(2)新たな要介護認定のポイント
(厚生労働省老健局保健課鈴木課長補佐より)

●委員名簿
  1. 鶴見区 福士幸彦(ふくし内科クリニック)
  2. 神奈川区 藤江武昭(藤江医院)
  3. 西区 進藤邦彦(進藤医院)
  4. 中区 廣瀬久也(廣瀬内科医院)
  5. 南区 鳥山直温(鳥山医院)
  6. 港南区 杉山和秀(杉山内科クリニック)
  7. 保土ヶ谷区 浅野高嶺(浅野医院)
  8. 旭区 西山貴郁(西山皮膚科)
  9. 磯子区 横倉聡(東洋英和女学院大学) *副会長
  10. 金沢区 出井昭(介護老人保健施設けいあいの郷今宿)
  11. 港北区 内藤英二(内藤外科胃腸科医院)
  12. 緑区 二宮浩(二宮整形外科)
  13. 青葉区 澤井博司(青葉さわい病院)
  14. 都筑区 斉木和夫(斉木クリニック)
  15. 戸塚区 玉城嘉和(老人保険施設ソフィア横浜)
  16. 栄区 山崎隆(山崎脳神経外科)
  17. 泉区 中島真生(上飯田診療所)
  18. 瀬谷区 天野仁(天野内科胃腸科外科医院)
  19. 磯子区 今井三男(今井整形外科) *会長
  20. 港南区 松井住仁(社団法人横浜市福祉事業経営者会会長)*副会長

今回、本会の傍聴人5名の枠で公募していましたが、残念なことに傍聴したのは私一人でした。

議事進行役は、横浜市健康福祉局高齢健康福祉部介護保険課の松本課長が務めることを伝え挨拶した。 次第の最初は、4月に横浜市健康福祉局の局長に就任した立花健康福祉局長の挨拶。

続いて、本会の委員の紹介があった。前述の委員名簿の方々の区名と委員名を松本課長が読み上げ紹介した。 委員以外の出席者は、高齢健康福祉部小川部長、高齢在宅支援課の勝沢課長、他係長2名を紹介した。 また、各区の合議体を構成する委員も数名ずつ出席していた。

議事の最初は、(1)会長の選出、ということで委員による互選で選出するとの説明があったが、 予め決まっている今井三男委員が留任する形で再任された。(拍手で全員賛成)

続いて、(2)副会長(職務代理者)の指名、会長に就任した今井会長が2名の副会長を指名することになっていて、 これも予め決まっていたようである。 副会長に就任したのは、松井住仁委員、横倉聡委員で、これもまた再任。

議事の最後は、(3)各委員の合議体所属指名。 事前に配布されている「横浜市介護認定審査会合議体別委員名簿(案)」を会長が指名し、これをもって決定した。

議事は、20分程度ですべてが滞りなく終了した。 続いて、その他(1)横浜市の介護保険の実施状況について、松本課長から報告、説明があった。

横浜市の第1号被保険者数は、平成19年度約65.5万人だったが、22年度見込みは72.8万人と、11.1%増加する試算。 また、要介護認定者数については、平成19年度に約10.3万人だったが、22年度見込みでは12.0万人と、 16.7%増加を予測している。

さらにサービス利用者数の見込みでは、平成19年度約8.3万人が、22年度には9.6万人と 14.6%も増加すると見込んでいる。 特に施設サービスの利用が増加すると考えているようである。 最後の介護保険事業費の見込みは、平成19年度給付費等総額で約1,494億円だったが、 22年度には約1,930億円になり29.2%増を見込んでいる。(中略)

介護保険事業者・施設の状況としては、 平成18年度以降、訪問介護、訪問入浴介護、福祉用具貸与・販売の4サービスの事業者数と介護療養型医療施設が、 減少傾向を示している。その他の事業者、施設は微増または増加傾向にある。

続いて、厚生労働省老健局保健課鈴木課長補佐より、 (2)新たな要介護認定のポイントという内容で、70分ほど説明があった。 なお、今回の要介護認定調査項目の見直しなどについて、 認定者数の抑制が意図されているとの批判に対する反論的な説明に終始している印象が強く、 紙面を割く必要性がないと考え、あえて報告しないこととした。

      
●傍聴の感想

今回初めて介護認定審査会を傍聴し、率直に感じたことは、 本会を構成する委員20名中16名は医療機関関係者で、介護保険事業が医療機関関係者に支えられている事実である。

認定に深く関わるのが、医師であるということなのか。 各区の合議体を構成する委員は、地域の介護事業者や地域包括支援センター関係者も含まれているが、 区を代表する審査会委員となると、圧倒的に医療機関関係者によって占められている。

見直し後の新しい調査方法で、2点ほど気になることがある。 1つは、訪問調査員が特記事項をどのように書くかという問題である。 書き方次第で結果に影響が出やすいのではないかと懸念する。 また、もう1つは、医師の意見書が今まで以上に重要になったという印象が強い。 1次判定と意見書が合致するのかどうか気になるところである。 やりながら調整していくという考え方がせめてもの救いかも知れない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「業務改善創研の傍聴報告」先頭に戻る

『有限会社業務改善創研』の事業案内

健全な介護事業運営のために

(1) 中小介護事業者の事業運営コンサルティング・サービス

  1. 事業の内部及び外部環境調査に基づく業務改善提案、その実施支援
  2. 事業計画立案支援及びその運用指導、支援
  3. 事業拡大の中長期的事業計画策定指導、支援
  4. その他、日常業務における問題解決援助
  5. 県の「実地指導」対策指導、支援

(2) 事業所スタッフの研修

  1. 訪問介護員(ホームヘルパー)初任者研修の立案、実施指導、支援
  2. サービス提供責任者の業務指導、支援
  3. その他

(3) ISO9001認証取得の支援業務及び取得後の定着支援業務

(4) 中小介護事業者の組織化と情報交換、勉強会、各種セミナー等の企画、実施

有限会社業務改善創研の連絡先

所在地:〒232-0067横浜市南区弘明寺町196

電話:045-873-9721【不在の場合は携帯電話に転送されます】

携帯電話:090-3514-7242

メールアドレス: gks_hfukuoka@yahoo.co.jp